mikke!ソーヴィニヨン・ブラン講座開催

気持ちの良い秋晴れの先週末、おおたかの森こかげテラスmikke! さんで、基礎編・ソーヴィニヨン・ブラン講座を開催しました。

ワインって難しい、ワインを学ぶのはハードルが高い、と言われるけど。「ちょっと知ってるだけで見方や選び方が変わり面白くなるんじゃないかな、気軽に参加してもらいたいな」と始めたこの講座。今回初めてご参加の方もいらっしゃいました。ちょっと情報量も多いかな、と思うのですが、皆さん講義もきちんと耳を傾けて下さり感謝。

フランスから3種(サンブリ、ロワール、ボルドーの地域違い)、ニュージーランド1種、計4種の比較テイスティング。ブラインドテイスティングなので、先入観なし。

意見を伺ってみると各々に好みが分かれて面白い!ソーヴィニヨン・ブランらしいハーブやグレープフルーツのニュアンスのあるニュージーランド、口あたりは柔らかいけれど旨味とミネラル感のあるサンブリ、ナッツやトーストなどの樽の風味があるボルドー、ナチュラルワインと言われるような造りのリンゴや梨の風味感じるロワールワイン。各々の良さがあり、比較すると違いが見えてきますね。

「なかなか何種類も飲み比べることもないので楽しい!」

「合わせるお料理は何がいいかな~」

「沢山は飲めないけれど、美味しいワインを選びたい」

などなど、今回も楽しくテイスティングできました。皆様、感染対策にご協力頂きつつのご参加、誠にありがとうございました!

次回は、11/21(土)・22(日)15:00~17:00テーマは、こちらも人気の白ブドウ品種「リースリング」です。ご予約受付スタートしてます!

↓↓↓

https://select-type.com/rsv/?id=pp-H4paH6uQ&c_id=126577

ご参加お待ちしております。

ママスタイルながれやまに掲載

10/21発行・NPO法人 Rise up女性サポート実行委員会さんの 流山のママ向けフリーぺーパー「ママstyleながれやま・秋冬号」のおうちタイム特集に寄稿させて頂きました.

Rise up 様、素敵に仕上げて頂いてありがとうございます!秋冬号ということで、スパークリングワインの楽しみ方をご紹介。

私自身、出産を機にソムリエ職を退職。2歳差で2度の出産し、5年くらいは子育てでてんやわんや。子供達と一緒に泣いて騒いで(笑)、ワインの「ワ」の字もなかったあの頃…。お祝いの時など、たまに飲むスパークリングワインは、とても美味しかった記憶があります。今でもスパークリングワインは大好きです。お料理とも合わせやすいのも魅力。ワインではありませんが、りんごのお酒「シードル」も食前酒やデザート代わりにもなりますね。

かんたん(過ぎる?)おつまみは、「チーズの騎士」の称号を持つシェフの下で、学んだチーズを美味しく食べるコツ。マイルドな白かびチーズには、ピリッと黒胡椒を効かせてオリーブオイルを。サラダ野菜も相性◯→スッキリフレッシュなタイプのスパークリングワインと相性良し。旨味の強いセミハードチーズには、コクが相乗する生ハムやクルミを乗せて→果実味強め、コクのあるスパークリングワインと合わせて。

ママに限らず、毎日頑張っている方へ。低アルコールでもノンアルコールでも。手軽に美味しく、リフレッシュできたらいいですね。

ワイン醸造体験してきました

先日、深川ワイナリーさんで醸造をちょっとだけ体験させて頂きました。汚れないように、とレインコートを着て準備OK。

作業内容は、除梗、破砕の体験。除梗と破砕が同時にできる機械に、長野県安曇野から届いた、マスカット・ベーリーAをどんどん投入していきます。果皮もしっかり厚く、大粒で種も大きいブドウでした。果皮をつぶすと色素は濃く手が真っ赤になるほど。房もかなり大きいものもあり、私が今まで見た醸造用のブドウの中ではダントツに大きいブドウでした。

籠いっぱいに入った葡萄はかなり重たく、下から支えてもらわないと、逆さにひっくり返すことが難しい…。

機械が勢いよく動き出すと、投入したブドウが次々と螺旋状の刃に吸い込まれていき、発酵槽に破砕されたブドウと果汁が落ちると同時に、果梗の部分だけが機械の端に取り除かれていく仕組みです。この除梗破砕機、構造はかなりシンプルなもので、かなり昔からあるそうです。

参加者6人で力を合わせて終了後は、発酵中の長野のメルローの「ピジャージュ(櫂入れ)」を体験させて頂きました。上から棒でかき混ぜることにより、色素や風味の抽出を一定にさせる共に雑菌の繁殖を防ぎます。

大人の社会科見学みたい。色々お話も聴けて、勉強になりました。ご一緒くださいました皆様誠にありがとうございました!

Newワインを楽しむための基本講座第1回目開催

入門編のこちらの講座、第1回目テーマは「ワインの色」

なかなか4色並べる機会もないのですが、やっぱりグラスに注いでみるととっても綺麗~。今回は、フランス・スペイン・イタリアから、白・赤・ロゼ・オレンジの4色のワインをご用意しました。

✨ご参加の方にもリラックスして楽しんで頂けたようで良かったです。私も楽しかったです。

次回、第2回目のテーマは「スタメン!白ブドウ品種」です(笑)

・11/9(月)13:30~15:00会場 : リファイン南流山さん

・11/10(火)15:00~16:30 会場 : ミートアップスペースmikke!さん

詳細はまた改めてご案内致します。

mikke!でシャルドネ講座開催

先週末は、おおたかの森ミートアップスペースmikke! にて、《基礎編》ブドウ品種とフランス産地編の講座でした。

こんな状況下ですが、感染症対策をしつつ継続しています。また、今回はMax8名様のご参加。とても嬉しく思います。

今月からトピックは白ブドウ品種へ。テーマはシャルドネ。シャルドネという言葉、ワインをさほど飲まない方でも、耳にしたことあるのではないのでしょうか?シャルドネってどんなブドウ?どんなスタイルのワインがあるの?ちょっと複雑なワイン法の話…などなど。

この基本講座の目的は主に2つ。「ラベルには何が書いてあるかを理解すること」「品種のテイストのイメージを掴んでもらうこと」

同じ品種でも、比較すると造りや産地の違いが見えてきますね。

単発参加OKですが、トータルでの連続講座なのもあり、8~9割がリピーターさん。毎回ご参加の方もいれば、気になる回や都合のつく回に参加下さる方も。2度目、3度目、と皆さん顔見知りになり、和んでいくのが分かります😊

今回は新規の方もいらっしゃいましたが、すぐに馴染んでいました。

後半のテイスティングタイム。始めは真面目に集中、意見を出し合い銘柄をオープン後は、料理との相性やワインのスタイルなどの話で盛り上がりました。情報と五感のリンク。回を重ねるごとに、理解が深まりますね。

ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました!やっぱり、想像以上に手がゴツい…笑

次回の講座のご案内。

基礎編講座は10/24(土)・25(日) テーマはソーヴィニヨン・ブランです。