ビバ!ソーヴィニヨン・ブラン

本日のワインは、ロワールのソーヴィニヨン・ブラン。

Sauvignon 2019/Frantz Saumon ソーヴィニヨン2019/フランツ・ソーモン

世の中にはたくさんワインがありますね。親しみやすいワインから心揺さぶられる偉大なワインまで。

ワインの味わいは品種の個性が現れる、なんて言われますが。初めて好きだなぁと認識した品種がフランス・ロワール河内陸部のソーヴィニヨン・ブランのワイン、アロフォンス・メロという生産者のサンセールでした。華やかな柑橘とハーブの絶妙なニュアンス、ミネラル溢れるしなやかで瑞々しい、スタイリッシュな果実味。なにより、リンゴ酸大好きな私は、シャープな酸が好みでした。いや、ただ酸っぱいだけはだめですけど。メリハリとバランスが物凄く素晴らしくて。特に当時は、ブルゴーニュの大物のシャルドネの良さとかがイマイチ解らなくて、並んで人気の高い、ソーヴィニヨン・ブランが大好きでした。

そんな思い出のせいか、今でもこの品種のワインから造られる特徴的な香りは、他の品種に比べて割とキャッチできます。人によって嗅覚受容体は異なるため、捉えやすい香りは其々ですし、造りによって個性が表現される時代ではありますが。

最近は、飲みたいワインも色々ありまして。久しぶりのソーヴィニヨンブラン。ロワールと南のガスコーニュのブドウをブレンドして造られるワイン。一昨年のワイン講座で使用した際は、赤いリンゴや梨の香り、ナチュラルワインらしいかすかな酸化のニュアンスを感じていました。2019年のこちらは、よりトロピカルな印象を併せ持ちバランスが向上した印象。

これからも楽しみな造り手さんです。

モツ煮とモンテプルチアーノ・ダブルッツォ

さて、今日も前回に続きまして、イタリア・アブルッツォ州の生産者、ファビュラスのワイン。

Fara Montepulciano d’Abruzzo2018/Fabulas モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2018/ファビュラス

仕事柄、日々の食卓に合わせるるお酒はほぼワインですが、毎日料理との相性があーだこーだと考えているわけでもありません。

今日はモツ煮がいいね、と話しながら。じゃあ新着ワインの中で開けるならこれかな、と抜栓した1本。

中部イタリア・アブルッツォ州を代表するこちらのワインは、要注目です。

決して複雑ではありませんが、熟した果実がストレートに表現されていて、ピュアな果実味の秀逸な赤ワインです。ご当地ワインを大切にするイタリアの魅力をおおらかに表現する、ファビュラス。ラベルも伝統的なストーリーがありつつポップで目を引きます。

いいね、アブルッツォワイン!鶏のもつ煮を食べ、このワインを食べながらそんなことを叫んでおりました。

ロゼとオレンジの間

本日はこちらのオレンジワインをご紹介。

Foeminae Pinot Grigio 2019/Fabulas フォエミネ・ピノグリージョ 2019/ファビュラス

いまや定着した第5のカテゴリー、オレンジワイン。ワイン発祥の地ジョージアと北イタリアのフリウリ州が先駆けて再構築した古代手法のワイン。簡単に言うと、白ブドウを使用し、赤ワイン的に造ったワインです。

ワインのカテゴリーって、原料のブドウや製法により色で分けられますけど、色はほんとに様々なグラデーションですよね。

一口に白ワイン、って言っても透明に近い色~濃い黄金色まで。赤ワインは…明るいラズベリーレッド、濃い紫色、深みのあるダークチェリーレッドetc.ロゼは…淡いサーモンピンク~濃いめのチェリーレッドまで。オレンジワインもそんな感じ。造り手によって様々です。白に近いオレンジもあれば、タンニンしっかりな濃いめのオレンジワインもあります。

こちらは、ピノ・グリージョというブドウ品種を主体に造られるもの。ピノ・グリージョ(ピノ・グリ)は果皮の色がピンク色のため、一緒に醸すことにより、ワインにその色味がつきます。

17年前くらいでしょうか。イタリアンレストラン時代に、ピノ・グリージョから同じように造られた北イタリア、ヴァッレダオスタ州のワインを扱っていました。綺麗なサーモンピンク色なのに、とってもドライで一般的なロゼワインとは一味違う味わい。食事と合わせやすく、お客様によくおすすめしていたのを覚えています。

あの頃は、「オレンジワイン」などというカテゴリーはなかったため、個性的なロゼワインだなぁ、なんて思っていました。

そんなことを思い出させるこのワイン。私の検証によるとエスニック?中華?的な料理にもOKです。よだれ鶏のパクチーのせと美味しくいただきました。

ワイン屋になりました

2021年1月20日、La Petite Vigneワインショップとして新たな事業を始めました。

とは言いましても、まだまだ小さな存在、またここから再スタートです。

レストランサービス時代、駆け出しの頃から可愛がってくださっていた大切なお客様がよく仰っておりました。「客がお店を育て、またお店が客を育てるんだよ」と。どんな職業も一緒ですよね。一人で仕事はできません。皆さまに何度も訪れて頂き、育ち合いができるようなショップに成長していけたらと願います。

さて、連日ショップカタログに載せるための新着ワインを試飲しています。今回は、こちら。

SIN Cava Xarel-lo N.V./Amós&Alex シン カヴァ チャレッロ N.V/アモス&アレックス(SIN プロジェクト)

スパークリングワインでお馴染み、スペインのカヴァ。カヴァに使用される3品種(マカベオ・チャレッロ・バレリャーダ)の中でも、酸が高い高貴品種とされるチャレッロ100%で造られています。

テイスティングで特出していたのは、ふんわりしたきめ細かい泡立ちと崩れない余韻。優しい泡立ちがなんとも心地よいです。

カヴァにも色々ありますが、温暖な気候下で造られるワインがゆえか、スパークリングワインの要、シャープな酸に欠け余韻のバランスが崩れがちな印象。その両者が非常に美しく好印象。

合わせた料理は、叉焼の小間切れ肉を使ったニラ玉。泡のエアリー感が卵の質感と、叉焼の甘辛いこっくりとした味付けが酸化防止剤無添加がゆえのやや酸化のニュアンスがある芳醇な果実感とマッチして、まずまずの印象でした。

やや大ぶりの白ワイングラスでテイスティングしましたが、食事と一緒に飲み進めるにはフルートグラスの方が締まりがあって良かったです。


シラーらしさとは?

オープン前につき(いつも飲んでますが…)真面目に試飲しております。

本日のワインはこちら。

Syrah Vin de France2018/シラー・ヴァン・ド・フランス 2018 Domaine La Font de l’Olivier/ドメーヌ・ラフォン・ドリヴィエ

お得なバック・イン・ボックス(3000㎖)もあります!

12月にワイン講座でもフォーカスした人気品種シラー。好みの方も多いと思います。

フランス・ローヌ地方やオーストラリアでも「シラーズ」の名前でお馴染みの品種です。

「シラーらしさを表現しつつも重すぎない、軽やかに楽しめるミディアムボディ」とコメントしたこちらのワイン。

「シラーらしさ」と言えば、一般的に言われているのが「濃厚、スパイシー」でしょうか。完熟するには日照量が必要とされ、温暖な気候下ではフルボディのワインとなり、味わいの特徴は掴みやすく、酸が穏やかなワインは親しみやすさもありますね。

今日試飲した、こちらの「ラ・フォン・ドリヴィエ」のシラーは、そんならしさを考えさせてくれるワインです。ほんのり甘い果実のニュアンスに反して、口に含むと「濃厚」のイメージを覆す軽快さ。でもね、シラーらしさはきちんとあるのです。

それは単に「濃厚&スパイシー」ではありません。

言葉にするのは難しいのですが、「カシス、熟したプルーン、ダークチェリー、リコリス、トースト、ややインクのようなニュアンス」こんな風味のところは、やっぱりシラーなんです。

さて、そんな普段使いにピッタリなシラーと食した、我が家のご飯。

豚バラ肉と春菊やじゃが芋のピリ辛スープ仕立て。最近は、冷えるので温まります。

ワインとはどうかな~と思っていましたが、まずまずな印象。

シラーのワインと食事を合わせて飲む際に、元々しっかりとある果実の甘さが浮いて感じられるのがあまり得意ではないのですが、このワインはピリ辛スープの旨みや甘みとのバランスが良く、お互いに辛さや甘さが特出することなく、違和感なく食べられました。

ピリ辛料理に合わせられるワインは数少ない気がしてますが、こんなシラーもありかな、と思った食べ合わせでした。

仮説と検証~中華とロゼワイン~

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

ワインショップオープンへ向けてもくもくと作業しておりましたら、年が明けて半月も経っておりました。緊急事態宣言の最中ではありますが、いつも通りワインを楽しみたいですね。

さて、本年最初の投稿は、ドイツのロゼワインから。

Weinreich Róse 2019 /Weingut Weinreih ロゼ ヴァインライヒ2019/ヴァイングート・ヴァインライヒ

ドイツはラインヘッセンの生産者、ヴァイングート・ヴァインライヒの手掛けるロゼワイン。こちら、ワイン単体でテイスティングした際は、「チャーミングでもエレガントでもない清楚なロゼワイン」と結論づけましたが…。

食事との相性はどうだったか、というのを記録したいと思います。

合わせたご飯→サーモンのお刺身、アミエビとほうれん草の炒飯、茹で鶏と水菜のサラダ ピーナッツと豆板醤のドレッシング。

わざわざ合わせたというわけでもなく、あるもので添わせてみた、のではありますが…。

サーモンの刺身…サーモンという食材は、一般的にイメージされるほどワインとのペアリングは容易でない、と経験上思っているのですが。わりと切り落としの脂の乗ったハラミに近い部位だったからか、アルコール度の低いサラリとした酒質と強めの酸がサーモンのオイリーさをさっぱりとさせてくれて、意外と悪くありませんでした。

アミエビとほうれん草の炒飯…これはお互いにバランス良く引き立てて予想通りの相性。

茹で鶏と水菜のサラダ ピーナッツと豆板醤のドレッシング…本命、ロゼに添わせようと考えて作った料理。添わせるポイントはドレッシング。ピーナッツと豆板醤の中華系の味付けはロゼにいけるかなという仮説。これが、意外な方向性でマッチ。なにが意外かと言いますと、「清楚なロゼ」と称したこのヴァインライヒロゼが、全く清楚でなくなりました笑 下手すると負けてしまいそうな「清楚さ」が口に含んだ途端に消えてなくなり、穏やかそうに見えていた果実がぐっと引き立ち、なんとも相性良し!!単体だと、強いかなと気になっていた酸味すら全く気にならなくなり、料理とワインがどんどん進みます。

合うとは思っていましたが、ワインの雰囲気がガラッと変わった、予想外の結果となりました。これだから、ワインと料理は面白いのです。

ワインと料理の相性はやっぱり「仮説と検証」ですね。

より一層試したくなりました!