しっとりナチュラルなボルドー

こんばんは。今日は1日雨模様でしたが、お付き合いさせて頂いているボルドーワインの輸入元アストルさんの試飲会に行ってきました。感染症対策もしっかりし、30種類弱のワインを試飲。

ボルドーワインというと、ブルゴーニュと並んでなかなか手を出しにくい高嶺の花というイメージですが、アストルさんのワインはデイリー向きからグランヴァンまで幅広いのです。

普段から好んで使わせて頂いている定番から、スポットの蔵出しヴィンテージワインまで。さらに昨今ボルドーの生産者も力を入れているナチュールワインも。

ボルドーにはボルドーの魅力がやっぱりあって、この良さをもっと伝えられたらいいなと思い帰宅したのでありました。曳舟にあるハム&サラミのお店オーティスさんにも立ち寄り美味しいハム&サラミ&チーズもゲット♫

中でも、当店おすすめなのはこちら。

Domaine de la Grand Courraye2016/Château Beausejour ドメーヌ・ド・ラ・グランド・クーライ2016/シャトー・ボーセジュール

一般価格 2,500円(税込2,750円) 会員価格2,250円(税込2,225円)

ビオオロジック認証で管理され、草も手入れをせず生やしておくことで、より自然を尊重しながらブドウを栽培しており、自然環境に配慮した造りをしているボルドーです。ボルドーは固くて渋い、飲みにくい、と思ってらっしゃる方にぜひ試して頂きたい飲み心地の良いワイン。でも、ボルドーらしい雰囲気はきちんと感じられます。メルローのしなやかさにカベルネ・フランのスパイスやハーブのニュアンスがいいアクセントになった食卓に欲しい1本です。

こちらは、4月の季節の食卓ワインセット(テーマは筍)のうちの1本です。ご注文は4/15(木)まで!

春の食卓に寄り添うヴィオニエ!

デイリーワインに必須!南仏ランドック、イチオシ生産者のドメーヌクードレ。

どのキュヴェもお値段以上のクオリティですが、なんと言ってもダントツなのは、こちら。

Viognier Pays d’Oc2020/Domaine Coudoulet ヴィオニエ ペイ・ドック/ドメーヌ・クードレ

定価 2,000円(税込2,200円) 会員価格 1,800円(税込1,980円

ヴィオニエらしい白桃や白い花の華やかな香り、それでいてフレッシュな味わいは、もう理屈抜きに美味しいの一言。2020年ヴィンテージがリリースされましたが、例年以上に果実味が瑞々しくて満足度の高い仕上がりとなっています!

4月のワインセットにも含まれています。テーマが筍なので、筍のバター焼きと検証…。

まろやかなエキスがバターの風味に、後口の苦味が筍のほろ苦さとよく合います!

春の味覚を美味しくしてくれる、食卓ワインです。

紅茶のよう!貴腐と熟成の絶妙な雰囲気

アルザスの名門ビオディナミの生産者、クリスチャン・ビネール。旨み染み入る味わいながらフィネスも感じられ、そのバランスは絶妙で、引く手あまたの生産者です。

その中でも、少しゆったりとした休日に開けてみたのがこちらのやや甘さを感じるワイン。

Si doux Si Glou Glou V2.0 NV/Christian Binner シ ドゥー シ グルグル V2.0 NV /クリスチャン ・ ビネール

定価 3,800円(税込4,180円) 会員価格 3,420円(税込3,762円

アルザス伝統の甘口、遅摘みのヴァンダンジュ・タルディヴや貴腐ワインのセレクシオン・ド・グラン・ノーブルを複数のヴィンテージブレンドされた異例な作品。貴腐の甘いノートに加えてやや酸化を伴う熟成香、優しい残糖と奥行きのある味わいが、上質なアールグレイのようで、ゆったり贅沢な気分にさせてくれます。

甘過ぎず後口はややドライさもありさっぱりとさえ感じられるので、食事と合わせても楽しめます。複雑さと奥行きがあり他に類を見ないワイン。普段は辛口ワインオンリーという方にもぜひ試して頂きたい雰囲気ある1本です。