ドイツの優美なシュぺート・ブルグンダー

少しづつ暖かくなり、梅や菜の花など、春の花が咲いていますね。

輸入元さんからの一押しドイツワイン、ようやく試飲しました。

Spätburgunder 2017/Meyer-Näkel シュペートブルグンダー 2017/マイヤー・ネーケル

ドイツワインというと、リースリングなどの白ワインを想像することが多いと思いますが、こちらは赤ワイン。ドイツの赤ワインと言えば…生産量1位のブドウ品種は「シュぺート・ブルグンダー」

ワインのプロでもなければ、あまり聞いたことのない名前の品種ではないでしょうか。実はこの品種、ドイツでいうところの「ピノ・ノワール」です。ブドウ品種名というのは、同じ品種でも生産地が違えば呼び名が異なる、というのはよくあります。

さて、ブルゴーニュのピノ・ノワールは、世界でも名高い銘酒が沢山ありますが、ドイツ・アール地方のこちらもとても優美なワインです。

ドイツのシュぺート・ブルグンダーの気品と個性をきっちり主張しています。13.5%のアルコール度数を感じさせない軽快さのあるシュぺート・ブルグンダー。料理人手作りのシャルキュトリーなどとあわせたら、繊細で旨みのある味わいが相乗するのでは…と想像しました。

後日検証してみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA