春野菜とサン・ブリ

こんにちは。2月も後半ですね。

昨日は、東京ワイナリーさんのブドウ栽培のお手伝いに行ってきました。昨日の作業は、ブドウ樹の古くなった皮むき。古い樹皮をそのままにしておくと、害虫が入り込んでしまうそうです。なかなか地味な作業ですが、皮を剥いてあげるとつるつるになり気持ち良い!今年も細々とではありますが、ブドウの成長を見られそうで楽しみです。

さて、春野菜が美味しい季節ですね。

昨晩は、菜の花とタラの芽の天麩羅を作りました。そして、少し前に作った蕗味噌もあったので、こちらの白ワインと合わせてみました。

Saint-Bris 2017/Domaine Pierre-Louis&Jean Francois Bersan サン・ブリ2017/ドメーヌ・ピエール=ルイ&ジャン=フランソワ・ベルサン

久しぶりに飲んだドメーヌ・ベルサンのサンブリ2017。ブルゴーニュ地方シャブリ地区の近隣に位置するサン・ブリ地区、ソーヴィニヨンブラン100%のアぺラシオン。(シャブリも作っていますが、サン・ブリが本拠地。)若いうちは、シャブリに似た清涼感のあるすっきりドライなワインです。ワイン講座でもおなじみ、アンモナイトのラベルのワイン。

以前飲んだ時よりもぐっと果実味が上がってきて、かなり印象が変わってきました!熟成により、若い頃に目立った酸の強さや清涼感は旨みと一体化しています。

タラの芽は爽やかさが引き立ち、菜の花の天麩羅はお互いを引き立てて相性抜群!蕗味噌も受け止めてくれます。

旬の春野菜とぜひお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA