気軽に飲めるバック・イン・ボックス

まだ2月半ばですが、暖かい日も続き春も近づいてるこの頃ですね。

皆でわいわいお花見は難しそうですが、お庭やベランダでも気軽に楽しめて好評のバック・イン・ボックスワインのご紹介です。

Grenache Blanc Cotes de Thongue BIB/ La Font de l’Olivier グルナッシュ・ブラン・コート・ド・トング バッグ・イン・ボックス(白)

Syrah Vin de France BIB2019/La Font de l’Olivier シラー・ヴァン・ド・フランス・バック・イン・ボックス 2019/ラ・フォン・ド・ロリヴィエ(赤)

バック・イン・ボックスのワイン、なかなか見かけることもないですが、かなりお買い得だと思います!作っている生産者は少ないのですが、普段飲みに気軽に楽しめます。

今回仕入れたのは、以前「シラーらしさとは」でご紹介した、南仏ラ・フォン・ド・オリヴィエのもの。

白はこんなキュートな箱に入っています。中身は真空パックに、ワインがなんと3000㎖!(通常サイズのボトル4本分)

中身だけだと安定しないので箱のまま使用。穴から注ぎ口を下に向けて出して固定し、両脇にあるレバーを上に引き上げてワインを注ぎます。(注ぎ終わった後に少しワインが垂れますが、都度都度拭き取って下さいね。)

中身は750㎖ボトル販売しているものと同じです!真空パックに入っているので、数日かけて飲んでもさほど酸化も気になりません。

美味しいワインをたっぷり手軽に楽しめる、バック・イン・ボックスワイン。ぜひ、お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA