チョコレートと赤ワイン

もうすぐ、バレンタインですね。

先日、お世話になっている友人に誘われて、柏にあるTraibalCacao(トライバル・カカオ)さんへ行ってきました。こちらは、店舗でチョコレートを製造から販売までされています。厳選されたカカオ豆と砂糖だけで作る、高品質なチョコレート。

そしてなんと。店頭では、様々な種類のチョコレートを試食させて下さいます。お店の方も、チョコレートについてとっても丁寧に詳しく解説してくださり、興味津々!!チョコレートの製造工程や産地、試食の際の表現はワインの世界と本当によく似ていて、とても興味深くよりチョコレートのことを知りたくなりました!

爽やかなのか、複雑なのか、あんずのような酸味、ヨーグルトに桃をいれたような味わい、タンニンを感じる、などなど…。ワインの表現にも使われます。チョコレートを構成している要素が、ワインを構成している要素と重なるからでしょうね。

自宅へ帰り、チョコレートと赤ワインのペアリング。

イチオシワインはローヌ地方のこちら。

Sota Mon Soleu Vin de France(2019)/Mas de L’Escarida ソタ・モン・ソレウ ヴァン・ド・フランス/マス・ド・レスカリダ(写真左)

私の太陽の下、というなんとも温かみのある名前のワイン。メルロ100%なのですが、完熟した果実の甘みや質感、細やかなタンニンが、チョコレートの持つそれとマッチして、いい感じです。チョコレートを一かけずつ食べながら、ちびちび飲みたいワインです。

Crozes-Hermitage Rouge2018/Domaine des Entrefaux クローズ・エルミタージュ・ルージュ2018/ドメーヌ・デ・ザントルフォー(写真右)

こちらは、ローヌ地方のクローズ・エルミタージュ。深みのあるチョコと合わせると、なんともベリー系の風味や酸味が引き立って、口中に甘酸っぱさが広がります。寄り添うのではなく、それぞれを引き立てるペアリング。ベリー入りのチョコとも相性いいかも…なんて想像が膨らみます。

スイーツ×ワインも楽しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA