Pascal Lejeune/Champagne パスカル・ルジュンヌ/シャンパーニュ

テロワールを尊重し、自然との調和したワイン造りをするシャンパーニュ

パスカル・ルジューヌ(Pascal Lejeune)はヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区、ムーシー村にある、レコルタンマニピュラン(葡萄栽培農家兼醸造業者)。
彼らの持つ畑のテロワールは、丸みのあるピノ・ムニエ、繊細なシャルドネに適しています。

2代目となるエドモンドの息子アンドレは、シャンパーニュ暴動の年である1911年に生まれました。初代のエドモンドの時代は収穫したブドウの大部分を協同組合に売っていたが、アンドレになり、1950年代半ばからは自身のブランドの販売を始めます。
3代目となるロベールは、妻のニコルと共に引き続き自身のブランドの販売に力を入れます。そして1976年から「Champagne Leguay Charlot」というブランドを立ち上げました
1995年から現在の当主で4代目となるパスカルと妻のサンドリーヌが引き継ぎました。パスカルはブドウ畑の改革に力を入れ持続可能な農業へ転換。4.4ヘクタールに拡大されたブドウ畑から新しいブランド「パスカル・ルジューヌ」が造られました。パスカルとサンドリーヌの息子ティボーは、Avizeにあるシャンパンの専門学校で学んだ後2015年の夏から加わりました。

パスカルとサンドリーヌが目指しているのは、シャンパーニュ本来の繊細で官能的な味わいを表現する事。
その為には土壌に最大限の尊敬を持つこと。
彼らは自然と調和して仕事をしたいと願っています。そして、そのような活動を続けることで、2016年2月、「Viticulture durable en Champagne」および「Haute Valeur Environnementale」の認定を受ける事が出来ました。

(畑仕事について)

持続可能な農法と製法
パスカルとサンドリーヌは、畑に害虫からブドウを護る効果のあるハーブを植えるなど、持続可能な農法・製法に取り組んできました。彼らは、毎日畑を注意深く観察しています。そして、畑仕事も手作業で行っています。結果、畑での生物多様性が維持され、土壌もよくなり、根の発達も進みました。そして、科学的な製品の使用も大幅に削減しました。 

(ワイン造りについて)

土地の個性を引き出す製法

シャンパーニュ本来の繊細で官能的な味わいを表現することを目的に、ムニエらしい丸みのある味わいと繊細なシャルドネを最大限に引き出します。

※Sustainable viticulture en Champagne (持続可能なブドウ栽培を行うシャンパーニュ)

2015年5月にシャンパーニュ委員会(Comite Champagne)によって導入された環境認証。

フランスの農業省によって承認された基準を満たす畑が認証されます。認証の目的は、環境(大気、気候、水、土壌、生物多様性、景観)に対するブドウ栽培の慣行の圧力を最小限に抑えることです。

Haute Valeur Environnementale(環境価値重視)

フランスの農水省が進める環境保全農業の認証(HVE)レベルは1~3まであり。レベル3が最も高い基準をクリアしている。

(輸入元より抜粋)