ナチュラルなローヌの魅力全開

先日は、暴風雨の後に虹を見てテンションが上がった店長です。今年もブドウ畑仕事のお手伝いができそうなので、ワインのご紹介と併せてブログでもご報告したいな、と思ってます。

さて、本日のワインは、フランス・ローヌ河地域の白&赤ワイン。

ローヌ河地方は、ブルゴーニュ地方の南に位置しワイン産地としては南北に分かれ、長いワイン造りの歴史を持ちます。

フランス国内では地元ヴァランスの3つ星レストランでもオンリストされるはどの実力の生産者、ドメーヌ・デ・ザントルフォーの2種。

まだまだ沢山のワインを取り扱えるわけではありませんので、こんな肩の力が抜けた魅力的な北ローヌワインを扱えるのは幸せです。

La Java des Entrefaux 2018/Domaine des Entrefaux ラ ジャヴァ デ ザントルフォー2018/ドメーヌ・デ・ザントルフォー(白)

白はヴィオニエ種を使用したもの。一般的にヴィオニエを使ったワインは白い花や有核果実のアロマティックな風味が特徴的ですが、芳しい香りというよりも繊細で品のある熟したフルーツの香り、すうっと口中にいきわたるふくよかな果実味。コクのある味わいと低めながら締まりのある酸味が心地よいワイン。

熟したトロピカルフルーツと上品な質感は、何度でも飲みたくなる美味しさです!

Crozes-Hermitage Rouge2018/Domaine des Entrefaux クローズ・エルミタージュ・ルージュ2018/ドメーヌ・デ・ザントルフォー(赤)

赤は、シラー種を使用したこの地の代表格クローズ・エルミタージュ。チョコレートと赤ワインでもご紹介しましたが、北ローヌのシラーを存分に楽しめます。

ただし、シラー=フルボディ、と構える必要はありません。果実の瑞々しさは重たくなりがちな酒質をしなやかに表現していて、開けたてから美味しく楽しめます。また2日目は、ぐっとスパイスや黒系果実の風味が上がってきて、より一層果実の厚みと複雑さが増します。

その土壌の力を最大限に生かすため、除草剤や化学肥料を一切使用しないビオロジック農法を取り入れ、良く耕した日当たりの良い畑で健康に育まれたシラー。

ぜひ、お楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA